暇人が、漫画描いてる。

趣味について書いていきます。※このブログに使用されている画像の著作権は、各版権・著作権元に帰属します。

華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ 正√ 感想【ネタバレ有り】

 

一周目の攻略キャラは、

宮ノ杜 正(CV.宮内敦士さん)

http://www.otomate.jp/hanaichi/modern-nostalgie/img/special/banner/tadashi_180-150.jpg

*プロフィール*

年齢:34歳

身長:176センチ

体重:65キロ

趣味:仕事

好きな物:使える人間

嫌いな物:頭の悪い人間

 ※プロフィールは公式サイトより使用させていただきました。

 

”年齢:34歳”…いい年ですね(^ω^;)

このゲームを初めてやり始めたとき、「凄い年上っ!!」と思った記憶がありますが、やっぱり年上ですわ…

でも正さんいいキャラしてます(カワイイ)。それに、いいツッコミ役です。素晴らしいです。

 

 

 

 

以下、多少ネタバレ含みます。

(よろしい方のみどうぞ)

 

 

 

 

 

*ストーリー・あらすじ*

 いろいろあって正さんと主人公(はる)は仲良くなります。例によってここまでは省きます(毎度すいません(-_-;))。でも、舞踏会で一緒に踊ったりします。

正さんは幼いころから母親(サナ枝様)に宮ノ杜家当主になるよう教育されてきました。というか、当然なるものだと思っていたのでしょうね。

しかし、玄一郎(当主)が兄弟全員に当主争奪戦をさせると言い出します。

サナ枝様もかなり焦りがあったのでしょう。玄一郎の隠し子の守に騙されてしまい、結果的にサナ枝様の実家の澄田は財産を無くしもうどうしようも無い状態になってしまいます。

正さんも何の為に自分が当主になるのかを見失ってしまうんですね。しかし、はるの支えもあり自分の為に当主になると決意します。

 

問題のはると正さんの関係は、はる、正さん共にお互いが相手を好きだとなかなか気付きません。はるは「正様に一生お仕えする。」と宣言し、正さんもそれを了解しますが正さんは気付くんです。はるの好意と自分の気持ちに。

正さんははるに、使用人は主と主従関係を超えてはいけない、といいます。ここでやっとはるも自分の気持ちに気付きます。いやぁ、切ない。

正さんは玄一郎からの取引で当主の座のために縁談を受けることを決めます(今まで生きてきた自分を肯定するため)。はるもこの気持ちのまま仕事は続けられないと、3月で仕事を辞めることにします。

そんな中、半狂乱のサナ枝様が刃物片手に宮ノ杜に乗り込んできます。玄関にいたはるが止めようとしますが斬り付けられます(怖い(;'∀')!!)。

そんなことがあっても結局正さんは縁談して当主になる道を選びます。はると正さんはお別れのキスを交わします。

 

ここまでがエンディングまでのあらすじです。長くなってしまいました(これでもかなり端折っていますが…)。

 

*各エンド*

正ノ永久専属使用人(ハッピーエンド)

三月末日、とうとうはるが実家へ帰る日です。正は縁談に向かいます。正以外の兄弟が何やら相談しています。雅が方法を考え、皆に伝えます(雅様こういう時凄い行動力ある!!)

進様によって、夜行に乗るために車に乗ったはるが事故に遭ったと正さんは説明され慌ててはるを追いかけます。はるの方は車に乗る前に勇様によって止められます。さらに博様と茂様にそそのかされ、何故か走って正さんから逃げることになります。

正さんははるに追いつき、騙されたことに気づきますが、そのお陰で縁談を断り、はると一緒になることを決心します。

「お前はもう使用人ではない。これからは私の妻として、私と共に居て欲しい。」と…ふぇぇぇぇ!!(発狂)

※どうやって縁談を断ったのかは、まぁ何とかなったということで…

 

想ヒ出ノ正(バッドエンド)

途中まではハッピーエンドと同様。正さんがはるを追いかけなかったエンドです。(あっさりだったのでバッドエンド嫌いな私でも見やすかったです)

 

*後日談*

結婚後、正さんと宮ノ杜の別荘に行く話。

サナ枝様が澄田崩壊後より、別荘に隠居(?)しているということで会いに行きます。その時、玄一郎よりサナ枝宛に絵画を預かりそれを渡すとサナ枝が昔を思い出し喜びます。この時はるに謝罪もしてくれます。

今思ったんですが、やっぱりサナ枝様と正さん似てる!!(遅い)

別荘の帰り道、今まで言ってくれなかった愛してるという言葉を正さんが言ってくれます。ここでのおはるちゃんが可愛い!!

 

 

正√は王道な感じですね。身分の違いで一緒になるのを諦めなくてはいけない感じ。それにしても正さん、なかなかに可愛い。おはるちゃんといいコンビでした。

 

 

モダンノスタルジィの全体感想はこちらです

追記:次男、勇の感想はこちらです

 

画像は公式サイトより使用させていただいています。

※「華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社イチカラムに帰属します。

※誤字や脱字、ミスがありましたらお手数ですが、指摘していただけると嬉しいです。

 

では、また。おやすみなさい(*´ω`*)

 

 

 

スポンサーリンク