暇人が、漫画描いてる。

趣味について書いていきます。※このブログに使用されている画像の著作権は、各版権・著作権元に帰属します。

【PSvita】 百花百狼 ~戦国忍法帖~ 【全体感想】

2016年2月25日発売の

百花百狼 ~戦国忍法帖

百花百狼~戦国忍法帖~

※画像クリックでamazon商品ページに飛びます

公式サイト

http://www.d3p.co.jp/hyakka/

基本情報

機 種:PlayStation®Vita PlayStation®Vita TV対応

価 格:通常版:5,980円(税抜)
    DL版:5,500円(税抜)

対象年齢:CEROレーティング B(12才以上対象)

イラスト:悌太

※公式サイトより抜粋させていただきました(敬称略)

ストーリー

歴史の中で、長くの間敵対関係にあった甲賀と伊賀。

どちらも忍者で有名な地だが、ある乱により伊賀が滅亡したことにより、伊賀は甲賀に取り込まれた。

そんな伊賀と甲賀の間に生まれた主人公・槐(えんじゅ)は、平和の象徴として大切に育てられてきた。それゆえ、周りの同年代の友人たちが任務を任せられる中、自分はなかなか任務は任せてもらえていなかった。

ある日、とうとう任務を任せられることになるのだが、それが槐を大きな事件へと巻き込む要因になる。

紹介ムービー


【乙女ゲーム】 PS Vita『百花百狼 ~戦国忍法帖~』プロモーションムービー

システム

機能 有り 備考
主人公名前呼び 名前変更可
Qセーブ・Qロード  
巻き戻し  
キーコンフィグ  
愛キャッチ  
好感度確認  
音楽・動画鑑賞 表題より可能
フェイスアニメーション  
背景アニメーション  
ヒロインボイス  

攻略の進め方

基本的にはストーリーを読み進めていき、選択肢で好感度が上がってその後好感度で分岐するタイプです。愛キャッチも好感度確認機能もあるので、攻略は割と楽かと思います。

全体評価・感想

初めに、イラストが美麗!着物だとさらに綺麗さが際立ちますね。

ストーリーについてはボリュームは多いとは言えませんが、作りこまれていてよかったです。ただ、初回の1人目を攻略すると、他の攻略√がなんとなく予想できるような感じたので、一番初めに好きなキャラクターを攻略することをおすすめします。プロローグで登場キャラひとりひとりの性格がしっかりと示されているように感じたので、そのせいもあるかなと。

攻略キャラや主人公以外のサブキャラクターの色も濃く出ていて、キャラそれぞれにインパクトがありました。

他作品にあまりない要素として、主人公も他キャラクターと同じ側に登場する下画像のような演出(公式サイトではサードパーソンビューと紹介されています)がありました。

f:id:otomemaru:20160306123448j:plain

 

私の推しキャラはこの人

f:id:otomemaru:20160306201252p:plain服部半蔵(CV.津田健次郎さん)

いつもは、第一印象や買う要因になったキャラクターになりがちですが、

今回はプレイしてから好きになったキャラです。

寡黙なのが素敵ですね。

 

 

 

 

画像は特記があるもの以外は公式サイト、amazon商品ページまたはスクリーンショットより使用させていただいています。

※「百花百狼 ~戦国忍法帖~」の画像の著作権は、RED、D3 PUBLISHERに帰属します。当ブログでの保存等はお止めください。

※誤字や脱字、ミスがありましたらお手数ですが、指摘していただけると嬉しいです。

では、また。おやすみなさい(*´ω`*)

 

 

スポンサーリンク