暇人が、漫画描いてる。

趣味について書いていきます。※このブログに使用されている画像の著作権は、各版権・著作権元に帰属します。

華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ 茂√ 感想【ネタバレ有り】

三周目は…

宮ノ杜 茂(CV.前田剛さん)

 *プロフィール*

年齢:26歳

身長:175センチ

体重:63キロ

趣味:ドライブ

好きな物:楽しい事

嫌いな物:規則・決まり事

※プロフィールは公式サイトより使用させていただきました。

 

"趣味:ドライブ"

趣味だったんですね(;´・ω・)

ドライブといっても茂さんのドライブはSEからして(ドリフトしてるだろうと思われる)ヤバいものなのですが…

作中でもはる(主人公)が振り回されていたシーンがあります。

わたしは乗りたくないですね~…w

 

 

 

 

 

以下、多少ネタバレを含みます。

(よろしい方のみどうぞ)

 

 

 

 

 

 

 

*ストーリー・あらすじ*

いろいろあって茂さんと主人公(はる)は仲良くなります。例によってここまでは省きます(今回もすいません(-_-;))。

茂√の一番の特徴は玄一郎様(当主)が鬼畜なところです。

安田(茂さんの職場)で玄一郎様に「お前を産ませたのは芸者の息子という境遇の息子が欲しかったから」と煽られた茂さんは、怒りで玄一郎様に刃物を向けるんですねぇ…普段じゃ絶対にありえないので、相当怒っていたと見えます。

しかし、茂さんは「殺してやる!!」とまで言ったものの結局玄一郎様を殺せず。さらに玄一郎は茂さんに点まで与えます。(これには流石に鬼だと思いました…)

茂さんは玄一郎様に「俺は当主になるつもりないから!!」みたいなことを宣言するわけですが、その言葉で玄一郎様怒り心頭。

  • 舞踏会に護衛とされ連れていかれ、その結果守様に銃の引き金を引かされ首相銃殺させられる。
  • 母の料亭(安田)を条件に守様の殺害を命令され、その結果守様に怪我を負わせる。
  • はるを条件に再度守様の殺害を命令され、「あれは嘘だ!」と言わんばかりにはるを勝手に解雇させられる。

もう、マジ○チです。

もうそれまでのはると茂さんの交流、ラブラブなシーンとか全部吹っ飛ぶくらいです。

はるを解雇され茂さんは激怒。今度こそ玄一郎さまを殺そうとします。そこへ守様登場。守様が玄一郎様へとどめをさそうとしたところで茂さん発砲。矛先は守様。茂さんは玄一郎様を守ったのです。

茂さんは家を出ていこうとしますが、その時点で一番点が高かったため当主にされてしまい、前のように簡単に出ていくことができません。

しかし、他兄弟が何とかしてくれます。当主は正様と勇様がしてくれることになったそうです。助ける理由は「兄弟であるという理由で充分だ」という正様がカッコいい…(*'ω'*)

 

 

*各エンド*

茂ノ永久専属使用人(ハッピーエンド)

茂さんがはるのもとへ行き、一緒に暮らすエンド。

茂さんは、はるのもとへ行く前に玄一郎様がいる病院へ行くのですが、そこで大学病院医者(守様)と話をするのですが、

守様どうやって医者になったんですか!!ww

守様なんでもできちゃうんだなぁと心底思ったシーンでした…w

 

想ヒ出ノ茂(バッドエンド)

茂さんがはるのもとへ行く前にはるが諦めて縁談を受けてしまうエンド。

ハッピーエンドでも縁談の話が進行している感じだったので、きっと間に合わなかったのでしょう。

はるに相手がいるのを茂さんが見たら…(;゚Д゚)

 

*後日談*

安田を閉めることにした静子様(茂さんの母)に会いに、帝都に行く話。

ホテルにチェックインしようとして名前を書いたら1等の部屋が玄一郎様によって用意されていて、玄一郎様には敵わないねぇ…と。

欲しいものは何?と聞いたはるに、「そろそろ子供、欲しくない?」と言う茂さんの直球さが私は好きです。(「この後メチャクチャセ○○スした。」でしょうねw)

スチルのはるの照れ顔もかわいかった!!

 

 

 

 

私は初見で茂さん絶対苦手なタイプだ!!と思っていたのですが、実際こうも玄一郎様にいじめられているのを見ているとかわいそうになってきます。

 

最後に、茂さん(揚羽さん)の仕事姿。

http://www.otomate.jp/hanaichi/modern-nostalgie/img/gallery/cg3_3.jpg

う~ん、実在したら絶対私よりきれいだ…w

 

モダンノスタルジィの全体感想はこちらです

追記:四男、進の感想はこちらです

 

画像は公式サイトより使用させていただいています。

※「華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ」のスチルおよびバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社イチカラムに帰属します。

※誤字や脱字、ミスがあったらごめんなさい、指摘していただけると嬉しいです。

 

では、また。おやすみなさい(*´ω`*)

 

 

 

スポンサーリンク